Tomoko Omura

Interviewer Back number photographs=Nobuyuki Sasaki text=Kazuyuki Koenuma
HOME INTERVIEW > Interview File13
海外育ちのなでしこコンサルタント誰にでもポテンシャルを発揮できる場所があるはず
※掲載のインタビュー記事は、ポーターズマガジンVol.13(2012年2月)から抜粋したのものです。
※会社名、所属部署名、役職はインタビュー当時のものです。
日本設立10周年となる昨季、東日本大震災の影響をもろともせず、過去10年間の中で一際高い業績を上げたマイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン。精鋭揃いのコンサルタントの中から、トップコンサルタントとして選ばれたのは意外にも若い女性だった。トップコンサルタントに相応しい実績を生み出し続ける彼女の、仕事にかける思いや原動力に迫った。

中学卒業後、単身でオランダへ向かう

 やがて日本が直面するグローバル化の兆候を、そのときすでに彼女が感じ取っていたのかは定かでない。とにかく、中学生だった彼女の胸には「卒業したら絶対に海外へ行く!」という強い思いがあった。
「義務教育が終われば自由にして良いでしょ? って思いがありました。少しでも早く外に出たかったんです」
 そして中学卒業後、単身でオランダに渡ったその少女こそ、大村朋子である。オランダを選んだのは、幼少の頃に数年間住んでいたことがあるから。だが決して同国だけにこだわるのではなく、その後アメリカに生活拠点を移して大学卒業までの日々を過ごした。ちなみに両親は、したいことを何でもさせてくれる教育方針。「何かあったら自分で責任取りなさい」とだけ言われ、送り出されたのだという。
「楽なことと難しいことがあれば、本能的に難しい方を選んでしまう性格なんですよね。大変なことの中から、面白いことを見つけるのは楽しいですし、そこから何か見つけられれば喜びも大きい。元々がプラス思考なんでしょうね」
 物事に対して考え過ぎるほど考えてしまう一方で、「まぁ、いっか」と切り替えられる楽天的な面もある。帰国後に人材業界に飛び込み、現在マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパンでコンサルタントとして活躍する大村は、自らの性格をそう分析する。そんな彼女は、日々どのようなことを心掛けて仕事に臨んでいるのだろう?

売り上げ以外にも表れる一流コンサルの実績

 大村が所属しているのはITチーム。キャンディデイトの層は20代後半〜30代後半が中心で、年収ゾーンは400万円〜3000万円超と幅広い。その中で、大村はコンスタントに毎月2〜3件の成約を上げている。年収の高いシニア層(年収400万円〜1800万円の案件を担当)のマッチングが中心のため、金額にするとトップコンサルタントに相応しい数字となっており、同社のアジア圏で活躍する約600人のコンサルタントの中で、昨季はなんと6位の売り上げを出したほどである。
「入社当初にKPIの設定をされるので、最初はそれを指標に目標達成を目指しますが、1〜2年働いていると『何人にインタビューをすれば何人成約するのか』などイメージができてきます。それを表にして、『キャンディデイトが少ないので集めよう』『求人数が足りないから開拓をしよう』など、かなり細かく設定して進捗管理していますね」
 さらに大村には、売り上げ以外でも誇らしい実績がある。それは、成約した求人企業のほとんどが新規ということ。また入社以来、紹介したキャンディデイトが一人も辞めていないことだ。
「とにかく相手のお話を聞くように心がけています。人って自分の話を聞いてほしいじゃないですか。無駄話のような話もたくさんしますが、それも大事にして、話しやすい相手でいられるように心がけていますね」
 大村はプライベートでも、学生時代の友人や仕事仲間など分け隔てなく、仲の良い人を集めて交遊することが好きなのだそう。ふと気が付くと、自分の知らないところで友人たちがコミュニティを築いていることもあるのだとか。そんな才能ともいうべき性格が、仕事でも存分に発揮されていることが伺える。
「楽しいなと思うのが、キャンディデイト様がほかの求職中の方を紹介してくれたり、食事に誘ってくれたりすること。たまにお仕事の悩みを相談されることもありますが、私のところに戻ってきてくださることが嬉しいですよね。人の役にどれだけ役に立てたことが実感できて、モチベーションに繋がっているのかもしれません」
 笑顔でそう話す大村だが、ただ、とも付け加える。
「リレーションシップを作るのは得意ですが、人が相手なのでどうにもならないこともあります。いかに信頼を築くかは永遠のテーマとして考えていきたいですね」
2次へ
大村朋子

大村朋子(おおむら・ともこ)

中学卒業後単身でオランダへ。その後アメリカで学生時代を過ごし、10年弱の海外生活と放浪の旅を経て日本に帰国。人材紹介、研修と新卒から人材業界一本で、人事向けソリューションの営業兼コンサルタントに従事。日系企業での経験を経て、自身のバックグランドを活かすため外資系大手人材紹介会社のマイケルペイジ・インターナショナルに転職。現在はマイケルペイジ・テクノロジーのコンサルタントとしてITエンジニアの転職支援を行う。外資系に限らず日系のIT企業も幅広く担当。趣味はアウトドア、旅行、食べ歩き。

[Corporate profile]

マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社

1976年にロンドンで設立。世界の一流企業に、専門分野のスペシャリストを正社員、契約社員、派遣社員として紹介している。2001年に設立された東京オフィスをはじめ、世界33カ国に161支店を構える。日本では外資系転職支援や外資系求人案件の紹介を主に行っている。