Interviewer Back number photographs=Kenji Sakurai Interviewer=Tomomi Watanabe text=Kazuyuki Koenuma
HOME INTERVIEW > Interview File18
幼少の頃、世界に憧れて地球儀を眺めていた少年は、成長して海を渡った。そしてさらに成長した頃、トップコンサルタントとして設立間もない会社をけん引していた。求職者と顔を合わせて話すというアナログのコミュニケーションを大事にする一方、目標達成のための細かな分析やシミュレーションも怠らない。そんなトップコンサルタントが、現在に至るまでの物語と人材ビジネスへの思いを語った。

自分の仕事のレベルは社外の誰かと比べて図れ

 大きな一つの出来事があったというよりは、様々な人との出会いや、かけられた一言一言が偶然に重なって、必然的に今の仕事と出会えたのではと思っています。
 設立から10年を迎えたアズールに所属し、スポーツメーカーと食品、飲料、日雑製品などのFMCG分野で活躍しているコンサルタントの杉原は、人材ビジネスに携わることになった経緯をそう振り返る。
 必然的に出会ったという言葉通り、彼は見えない何かに導かれるように、人材ビジネスの世界に入っていった。
 幼少の頃、父親が船乗りで世界中を航海していたことから、よく地球儀を見て過ごしていた。世界への憧れは、高校卒業後にカナダ留学という形になって現れる。
「今は何をしたいのか分からなくていい。自分が何者なのかを見つけてきなさい。出発する当日の朝、母親にそう送り出されました。カナダでも、将来は何をしたいのか、ホストマザーによく聞かれていました。当時は答えを持っていなかったので、聞かれる度にもどかしかったですね」
 4年間の留学生活を終えた杉原は、両親に留学費用を返すためにも、日本で就職することを決める。ザ・ノース・フェイスというアウトドアブランドが好きだったことから、同ブランドを取り扱っているスポーツメーカーに入社。海外事業開発を担当し、最年少で海外出張という大役を任されるなど、順調にキャリアを積んでいく。 そんなあるとき、突然上司に呼び出された。
「履歴書と職務経歴書を書いて人材紹介会社に登録してこい、と言われたんです。クビかなと思いましたね。ところが上司は、『今の自分の仕事のレベルがどれだけのものか聞いてこい』と言ったんです。自分の仕事のレベルは、社内の誰かと比べて図るのではない。社外の誰かと比べて図るものだ、と」
 人材紹介会社の存在を知らなかった杉原は、そこで初めて人材ビジネスの存在を知った。数年後に開催された長野オリンピックも、杉原がコンサルタントに転職する大きなきっかけとなった。オリンピック中、メーカーと選手の間に立って仕事をする中、「プロに転向したいから契約してほしい」「契約更改の会議に一緒に出てほしい」と何人かの選手から依頼された。会社員という立場のため、その全てに応えることはできなかったが、エージェントの仕事に憧れを持ったのはこのときだった。

いいコンサルタントになって見返してほしい

 また当時、会社の業績は景気の悪化もあり、難しさを増していき、多くの上司や先輩方が早期退職をしていった。次の就職先が決まらずに苦労しているという話を聞き、ショックを受けた。スポーツ業界でお世話になった先輩方の助けになりたい。そんな思いから、杉原は本格的にエージェントへの転身を考えるようになる。そこで 思い当たったのが、人材ビジネスだった。
「人材紹介の仕事はスポーツエージェントと似ている。人と会社の間に立って、より良い関係を作る仕事だと気づいて、人材ビジネス業界のことを調べ始めました。大手や中小、専門分野特化型などさまざまな紹介会社がありましたが、スポーツメーカー出身でスポーツ業界に強いコンサルタントはいないという話でした。だったら、自分がなったら面白いのではとも思いましたね」
 だが思いとは裏腹に、転職活動は難航した。杉原の経歴を見て「なぜ紹介会社に転職するの?」といぶかしがる面接官がほとんど。そんなとき、ある大手紹介会社の最終面接で、5人いた面接官のうちの一人が思わぬ質問 をしてきた。
「君が前にいた会社はどんな評価制度だった? と採用とかけ離れた質問をしてきたんです。面接後に隣の部屋で、私を推してくれていた方が、『どうしてそういう質問をして本質を見てくれないのですか?』と、大きな声で食ってかかっていた声が聞こえました。結果は不採用だったのですが、私を推してくれていた方から『ほかの会社に行って、よいコンサルタントになって見返してほしい』と言われました。その言葉が、絶対に諦めないという原動力になりましたね」
 就職活動を続けていった杉原は、紹介会社の面接で衝撃的な出会いをすることになる。その面接官こそ、現在のアズールの代表・井口氏だった。杉原がスポーツ業界に強いコンサルタントになりたいと伝え、自己紹介まで終えると、「分かったから、今日は帰りなさい。もう一度良く考えて、本気でこの仕事をしたいなら私に電話してきなさい」と言われ、僅か15分で面接は終わった。呆気に取られた杉原だったが、翌日、他社の面接を全てキャンセルし迷うことなく井口に電話をかけた。
 コンサルタントとしてのキャリアがようやくスタートした。
2次へ

杉原成幸(すぎはら・まさゆき)

高校卒業後、カナダへ留学。日本に帰国後、スポーツメーカー株式会社ゴールドウインへ入社し、欧州海外事業開発、長野オリンピック、へ リーハンセンブランド等、幅広い事業に携わる。
その後、スポーツ業界に強いコンサルタントになるべく大手人材紹介会社に転職し、初年度新人賞を獲得。2002年アズール&カンパニー株式会社設立に参画し、現在まで主にスポーツ業界、食品・飲料・日雑製品などのFMCG業界を担当。趣味はアウトドア、キャンプ、スキー、サッカーなど。

[Corporate profile]

アズール&カンパニー株式会社

2002年設立。クライアント企業の80%が外資系企業。高級消費財、一般消費財、スポーツ&エンターテイメント業界を中心に、海外からの進出企業などの求人案件を扱っている。コンサルタントは紹介する業界ごとに、その業界出身者をはじめとする専門性の高い人材を配置している。