Norioki Yokoyama

Interviewer Back number
HOME INTERVIEW > Interview File2
コンサルタントは過信してはいけない。 独りで結果を出せないのはもはや明らかです。
※掲載のインタビュー記事は、ポーターズマガジンVol.02(2009年5月)から抜粋したのものです。
※会社名、所属部署名、役職はインタビュー当時のものです。
IT分野に特化した人材紹介で堅調に成長するワークポートのチームリーダー横山法典。
「周囲に求められれば僕は何でもします」と言えるまでの自己犠牲精神を彼はどのように形成したのか。

今後の人材紹介業界に求められるコンサル像とは

 トップ・コンサルタントのインタビューである以上、話題の大半が成功体験談になるのが普通だ。しかし、取材が始まって数十分が経過しても、今回の取材対象者、横山法典からそのような類の話が出る気配はない。何としても成功体験を引き出さねば…という想いが焦りになってきた頃、同席していた横山が勤務するワークポートの林副社長がこんな台詞を口にした。
 「横山はチームを機能させるという意味のトップ・コンサルタント。個人成績はもちろん、弊社の人材紹介事業の躍進に最も貢献した人間です。名実共に弊社のトップ・コンサルタントと言っていい」。  その一言で気づかされた。トップ・コンサルタントという言葉から、どうしても一匹狼タイプをイメージしてしまうが、彼のように「チームを機能させる部分で力を発揮する」タイプこそが、これからの人材紹介業界に求められているのではなかろうか。
 横山がワークポートに入社してから2009年5月で丸4年。入社当時は企業開拓の営業を担当し、現在は人材紹介事業部マネージャー職に就く。
彼が入社してからワークポートの人材紹介事業部は、IT分野を中心に約5倍の規模にまで急成長を遂げた。林副社長が「人材紹介事業部の躍進に最も貢献した」と評する以上、この成長過程で横山が大きな役割を果たしてきたのは間違いないだろう。
 だが、30代半ばと管理職としては若い部類に入る横山が、なぜ組織を動かす術を身につけているのか。そこには前職での壮絶な体験があった。話は5年前に遡る。

半年の間、ひたすら頭を下げ続け行脚

 30歳の夏。突然、横山の携帯が四六時中、鳴りやまなくなった。大学卒業後に入社、約7年勤めていたエンタテイメント関連の会社が倒産。しかも、社長が失踪、債務を整理できない状況に陥った。貸し先が納得してくれるわけもなく、社長の右腕だった横山の携帯に取引先から罵声、泣きの電話が絶え間なく入る。埒があかない、今すぐ大阪まで来いと半分脅しのような電話もあった。スーツの下にびっしょりと冷や汗をかきながら、東京から関西に飛ぶこともあった。
 「僕はあくまでも一社員の立場だったので経営責任はなかったんです。退社すれば済む話だったのかもしれません。でも、社長が自分宛に『あとは任せた』という置き手紙を残していったんですね。そう言われた以上、逃げ出すことはできなかったんです」。
 横山は取引先に詫びるために奔走し続けた。それは、ひたすら頭を下げ続ける行脚だったと言っていい。そして、半年後、ようやく横山の携帯に返済督促の電話が入らなくなった。ほっとしたでしょう、という問いかけに横山は予想外の返答をした。
 「電話が鳴らなくなったということで僕という人間がもうこの状況では社会から必要とされなくなったんだな、と感じたんですね。それまで僕はのしあがるには何でもありくらいの考えを持つ傲慢な人間だったんです。自分が世の中の中心という考え方をしていた。でも違うんですね。社会があって、自分がいる。そんなことを体で理解した瞬間でした」。
2次へ
横山法典

横山法典(よこやま・のりおき)

山口県下関市出身。1974年生まれ。山口大学・人文学部卒業後、エンタテイメント関連企業にて店舗運営責任者を経験。その後、同社・事業開発担当として飲食事業、飲料水事業の開発に携わり、財務・渉外交渉を中心に様々な業務を推進。04年夏より半年間、倒産した同社の残務処理を行う。2005年、株式会社ワークポート入社。人材紹介事業部にて企業営業担当を経て、現在、事業部マネージャー職。

[Corporate profile]

株式会社ワークポート

IT分野に特化した人材紹介会社。創業期の(株)インテリジェンス社員だった現社長の田村高広と現副社長の林徹郎が中心になり2003年設立。創業期は大学生を登録対象にした短期人材派遣事業や若年層に特化した人材紹介事業を展開。2004年より、現在のコア事業であるITに特化した人材紹介事業を本格化。登録者に対してホスピタリティを徹底する社風。