Interviewer Back number photographs=Kenji Sakurai Interviewer=Tomomi Watanabe text=Kazuyuki Koenuma
HOME INTERVIEW > Interview File21
インタビューのテーマ | , , ,
※会社名、所属部署名、役職はインタビュー当時のものです。
世の中のニーズが高い分野である介護・医療業界。多くの人材ビジネス企業 が参入し、競争を繰り広げている。そんな中、驚異的な成績を上げ続けているのが、看護師向けの人材ビジネスのパイオニア・株式会社エス・エム・エスの吉田だ。看護師マーケットならではの特徴や傾向、そして仕事をする上で軸となっている、上司から受け継いだ信念を明かしてくれた。

登録者の9割が女性のマーケット

 2年間。これは吉田が、エス・エム・エスでトップコンサルタントの座を守り続けている期間だ。彼が紹介事業に関わり始めたのは2年10ヶ月前。当初の 数ヶ月を除いて、約2年間に渡ってトップを走り続けている。2013年の上半期 も、その勢いは加速するばかり。半年間で割振られた新規登録の求職者は約 240名のうち、70名強が成約という驚異の決定率を誇る。
「一番しか狙っていないので、それ以外の順位は見ていないですね」
 吉田はそうクールに言い放った。エス・エム・エスは高齢者に特化した情報 インフラの構築など、高齢社会に特化した事業を中心に行っている。その一環 として、介護・医療施設で就労希望する方への人材紹介、求人広告の提供、就 職イベントの開催などがある。同社の名古屋事業所に所属する吉田が担当して いるのは、看護師に特化した人材紹介だ。
 看護師の特徴は、年齢も生活環境も希望の働き方も様々な人がいることだと吉 田は言う。資格は正看護師、准看護師と2種類あり、年齢も20代前半〜60代以 上と幅広い。独身者も既婚者もいれば、フルタイムで働きたい方や、家庭と両立して働きたい方もいる。最も大きな特徴は、9割が女性ということだ。
「看護師の9割以上が女性で、家庭を持っている方も多いので、条件には色々と縛りがあります。例えば通勤時間。男性であれば、良い職場なら2時間かけても通いたいという方もいますが、女性はワークライフバランスを大事にする方が多いので、通勤時間が長いと敬遠されがちです。『勤務地は30分圏内』などの縛りがある中で、いかにその方にあった仕事を紹介するかが大事です」また、条件や待遇について伝えるときは、主観を入れず定量的に伝えるようにしているという。
「例えば『この病院はすごくいいですよ』と伝えるのではなく、その方が現在働いている病院と比べて『給料は何万円上がります』『残業は月に0〜1時間程度です』と伝えています。このとき、口頭では分かりづらいので、メールでも必ず送るようにしています。後はスピードですね。スピーディに連絡が取れるよう、送り先は基本的に携帯電話のメールです。忙しい方が多いので、面談も直接会うのではなく、電話でお話をさせて頂いて時間を短縮することもあります」
 吉田は月に平均40名の登録者と面談を行っている。それでも、たくさんの求職者にアプローチをかけるよりは、一人の方を絶対に決めるという意識で行動しているという。案件は基本的に出し惜しみせず、複数を一気に提案する。また、競合他社にも登録しているか、進行中の案件はあるか、なども確認した上でマッチングを進めている。
2次へ

吉田 健一(よしだ・けんいち)

1981年京都府生まれ。大阪府茨木市出身。国立大学法人 名古屋工業大学大学院 工学研究科 情報工学専攻在学中にカナダ、トロントに留学。帰国後、研究職は目指さず、ベンチャー企業での就職を志し、大学院を中退。2006年7月、株式会社ドリコムに入社。その後、就職活動中の友人の紹介により、2007年11月、株式会社エス・エム・エスに入社。介護と看護、新卒と中途の求人広告、就職フェア、集客等に携わり、看護師人材紹介部門に異動。社内MVP等、社内表彰の受賞暦多数、連続達成記録、単月売上記録を保持・更新中。現在に至る。趣味:F1観戦、スノーボード/好きな島:直島/座右の銘:あきらめたらそこで試合終了

[Corporate profile]

株式会社エス・エム・エス

2003年4月の設立以来、「介護」「医療」「アクティブシニア」分野で情報インフラを創出。インターネット、紙媒体など複数のメディアを通じてサービスを提供している。その一貫として人材紹介、求人情報、就職イベント等の人材関連サービスやコミュニティ等の運営を行っている。