Kazuyuki Koenuma

Interviewer Back number photographs=Kenji Sakurai Interviewer=Tomomi Watanabe text=Kazuyuki Koenuma
HOME INTERVIEW > Interview File22
インタビューのテーマ | , , , ,
※会社名、所属部署名、役職はインタビュー当時のものです。
農林水産省で5年間働いた後、2年間イタリアンレストランに勤務。その後、 ひょんなことから人材業界に転職した経歴を持つ林は、入社してわずか1年半でトップコンサルタントへと成長した。ロジカルな思考よりは、「直感」「想像力」を駆使して断トツの成績を上げ続ける彼女の仕事術に迫った。

「会社にいそう」とイメージできるかどうか

 元々、人材業界に興味があったわけでなかった。「暑いのが苦手」という理 由で内勤を希望し、営業職に就くつもりもまるでなかった。そんな林だが、 2012年にビースタイルに入社。社会人インターンサービス「Re-ing(リーイン グ)」の企業担当コンサルタントとして、ぶっちぎりの成績を上げている。同 サービスは、派遣社員として入社し、6ヶ月間で正社員へと切り替わる紹介予 定派遣に似ている。違いは、6ヶ月という期限がない点だ。その間、求職者はリーイングからコーチングを受けて足りないスキルを磨き、正社員への登用を待つのだ目指すのだ。元々は林も、求職者として「Re-ing」に登録していたのだという。「転職活動のためにビースタイルの『Re-ing』に登録したんです。初めは他の企業を紹介いただいたのですが、喋りすぎということでそこでの派遣採用はNG になってしまって……」
 苦笑いしながら林は当時を振り返る。そのエピソードが示す通り、林は明るい笑顔を終始浮かべて、ハキハキと喋り続ける。めげずに新天地を求めて転職活動を続ける中、ビースタイルから「うちに入りませんか?」と声をかけてもらい、「せっかくなので」と入社を決めたという。 「一番心がけているのは、クライアントにコンタクトするとき、どういう人物像が良いのかを重視したヒアリングをすることです。Excelのスキルや実務経験は、紙に書けば誰にでも見えるので、ジャッジしやすいですが、それよりも『この人はこの会社にいそう』というイメージが湧くかどうか。人柄やパーソナリティを含めて、総合的にマッチしそうな人材をコーディネーターに伝えています。スキルの部分は後からですね」
 成約を上げ続ける秘訣を、林はそう語る。人の印象は個人の感覚によって異なる。林が“こういう方です”とクライアントに紹介しても、担当者からすれば“聞いていた人と違う”となることも少なくない。そのミスマッチングを引き起こさないよう、「この人はこの会社にいそう」という感覚を大事にしているのだという。そのためには当然、クライアントのこともよく知る必要がある。実際に足を運んで雰囲気を知ることはもちろん、WEBサイトや担当者のメールや声のトーンや話し方など、総合的に把握した上で、人材担当に求める人物像を伝えるのだ。

ゴール地点を想像できるかどうか

 ビースタイルの人材担当は企業に出向かないので、林からの情報のみでマッチングをしないといけない。そのため、「残業が多い」などデメリットになりがちな労働条件も全て伝えてもらい、それに対して求職者がどうリアクションをしたかを共有した上で、企業に紹介するのだ。その際、年齢などのスペックだけではなく、希望する働き方やキャリアなど、事前に伝えることでマッチングに繋がりそうな情報であれば、企業に積極的に伝えるようにしているという。そして職場見学などで、初めて人材と企業が顔を合わせるときは、より踏み込んだ話をするのだそう。本来ならクライアントと求職者が話をすればそれで済むが、お互い言いづらいことや聞きづらいこともあるはず、と林は話す。例えば、求職者は「オファーをもらいたい」という素直なやる気を、企業側には「このくらいまで仕事を任せようと思っている」ということなどを伝えてもらい、その場で労働意欲や採用したい気持ちがあるかを確かめるようにしている。その反応を見て、林の「想像力」が働いたときこそ、人材を送り出しているのだという。
「クライアントにも人材にもWin-Winになるようにリサーチして、人材が紹介先で活躍できるかイメージできたとき、最終的に送り出すようにしています。本人の意思が絶対なので、無理に説得したりすることはありませんが、入ってからイメージと違ってガッカリすることがないよう、疑問は事前に全て解消し、クリアにしています。入社後は、私は見ることができませんから」
 林の強みは、まさにこの「想像力」や「直感」にある。「この求職者と企業は合う」というゴール地点を瞬時に思い描けるからこそ、自信を持って人材を送り出せる。もしイメージしたゴールとズレがあっても、軌道修正できそうであれば、間に立って微調整しながら進めているのだ。
2次へ

林 沙耶子(はやし・さやこ)

1983年生まれ。埼玉県出身。東京法律専門学校卒業後、農林水産省に入省、庶務業務などの傍ら、諫早湾干拓事業による漁業者の救済措置に関する業務、日韓漁業協定に関する業務などに従事。5年間公務員として勤務した後、中目黒のピッツェリア聖林館にてホールスタッフとして入社。サービス担当として2年間勤務。2011年11月より株式会社ビースタイルにて、派遣から正社員へと橋渡しする社会人インターンRe-ing事業に携わる。

[Corporate profile]

株式会社 ビースタイル

「時代に合わせた価値を創造する」会社として2002年に設立。少子化による労働生産人口の減少など日本企業を取り巻く環境の変化に対し、主婦層に特化した「パートタイム型人材派遣サービス」「社会人インターンサービス」など、既存の人材ビジネスにない分野に取り組み、新しいスタンダードを追求している。