Nagahiro Kobayashi

Interviewer Back number photographs=Kenji Sakurai Interviewer=Tomomi Watanabe text=Kazuyuki Koenuma
HOME INTERVIEW > Interview File23
※会社名、所属部署名、役職はインタビュー当時のものです。
謙虚で寡黙な紳士。それが小林の第一印象だ。コンサルタントとして優れた成績を上げ続けている小林だが、インタビュー中はあくまで低姿勢を貫き通し、必要以上に多くを語ろうとしなかった。それでも、内に秘めた情熱やクライアントへの思いは、言葉の端々からにじみ出ている。彼もまた、紛れもなくトップコンサルタントの一人だった。

再就職支援と人材紹介の違いとは

 46.75%。この数字は、小林の2012年上半期における新規求職者の決定率(*)だ。トップコンサルタントに相応しい、堂々たる数字である。小林が担当している再就職支援とは、企業が早期退職者を募ったときなどに依頼を受けて、社員の再就職の支援を行うサービス。クライアントは主に金融・IT・製造業が多く、求職者の年齢は30代〜60代と幅広い。
「通常のエージェントは、企業からのオーダーに沿って人を探しますが、私たちは人からのオーダーに沿って企業を探します。生命保険の代理店が色々な商品を扱っているように、自社案件だけでなく、提携エージェントや公的機関などを通じて、求職者に合った様々な案件や転職方法を求職者に情報提供するところから始まります。求職者の希望する企業に対して、直接売り込みも行いますね」
 再就職支援と通常の人材紹介の違いを、小林はそう話す。中でも力を入れているのは、求職者自らが行動を起こすようにすること。コンサルタントが求職者本人に代わって案件探しをしたり、ほかの紹介会社とやり取りをするよりも、本人が主体的に仕事探しを行うようにサポートするという。
「求職者の多くは大企業にいた方で、就職活動は新卒のときにしただけという方がほとんど。そのため、書類を出せば内定が取れるものだと思い込んでいる人が多いのですが、現状は違います。当社に登録したばかりの頃は、一週間に20社ほどの再就職先を提示できるのですが、制限があって成約に繋がらない案件も多い。エントリーをしてもレスポンスがなかったり、提示できる案件も減っていったりするうちに、求職者の気持ちが落ち込んでしまうんです。そこをどのように支えるかは常に気にしています。求人開拓担当のコンサルタントと3者面談をしたり、ときには臨床心理士にカウンセリングをしてもらったりして、本人を鼓舞するようにしていますね」

人事を尽くして天命を待つ

 転職経験がない方は、再就職をすることになっても、自分の年齢やキャリアなどを踏まえたマーケットバリューを分析するのが難しく、容易に転職できると思い込んでいる方も少なくない。それをどう伝え、最適なキャリアに導いて転職に繋げるかが、再就職支援の難しいところだという。
「私たちが労働市場の現状をはっきり伝えていいのか。それは難しいところです。前職の年収・仕事の通りに再就職する方もいらっしゃいますが、人によっては大胆なキャリアチェンジが必要になる場合もあります。待遇や給与が今までと変わる場合は、最終的には求職者が理解するまで待つしかありません。求職者と信頼関係を保ちながら、最善の着地点にたどり着くことを目指しています」
 これまでに、日米それぞれの会社での勤務経験があるほか、経営者をしていたこともある小林。会社目線と求職者目線、両方の視点を持っていることが、コンサルティングでも生きている。とはいえ、やはりコンサルタントはあくまでサポート役。年齢制限でエントリーできる求人案件が限られたり、スキルや経験が合わなかったりするケースも少なくないが、その中から再就職先を見つけ出すため、求職者が自分から行動できるようにアドバイスをする。
「再就職は狩猟だと思います。獲物が通りそうな場所を見つけ出し、仕掛けを設置してジッとかかるのを待つイメージです。人脈や職歴を活かして、一桁より二桁と多く応募の仕掛けをすることが大切です」
 そのように、人事を尽くして天命を待つ姿勢が、46.75%もの決定率に繋がっているのだという。
2次へ

小林長廣(こばやし・ながひろ)

北海道出身。University of Southern California, International Relations (M.A., B.A). 1981年都市計画コンサルティング会社、外資系自動車会社、人事コンサルティング会社、再就職支援会社等を経て、現在、マンパワーグループ株式会社 ライトマネジメト事業本部 キャリアコンサルタント。

[Corporate profile]

マンパワーグループ株式会社
ライトマネジメント事業本部

1994年、日本で初めて求人開拓とキャリアカウンセリング、セミナー(職業 訓練)を組み合わせた日本型再就職支援サービスを提供開始したパイオニア。
世界で既に実績のあったプロセスを日本の企業文化に合わせて提供し、これまで6万人以上の再就職を支援してきた実績がある。世界では、これまで52ヶ国で、300万人以上の方々の転職をサポートしてきた。