Yuko Niimi

Interviewer Back number photographs=Kenji Sakurai Interviewer=Tomomi Watanabe text=Kazuyuki Koenuma
HOME INTERVIEW > Interview File24
雅な女性コンサルタントが貫く仕事術 目の前のすべきことをやりきれば 結果は生まれる
※会社名、所属部署名、役職はインタビュー当時のものです。
物静かで上品な雰囲気の新美は、インタビュー中も終始丁寧な口調で質問に答え続けた。だが仕事の哲学や、目標を達成し続ける秘訣について尋ねたときは、その口調に力がこもり、強い意志を感じる光が目に宿った。語る内容には少しもぶれない軸があり、彼女が紛れもないトップコンサルタントであることを実感させる。人材ビジネスとの出会いから業界の今後、そして将来の目標まで伺った。

迷いの中で出会った人材ビジネス

 毎日が充実している、かのように思っていた。新卒で生命保険会社に入社。赴任先の名古屋で、地元の有力電力会社、ガス会社、メーカーなど様々な業界の法人契約を担当し、様々な人と触れ合って、毎日を忙しく過ごしていた。だが新美は、どこかで満たされない思いを抱えていた。
「いろいろな企業に関わることができていたのですが、私が担当できるのはあくまで契約の部分だけ。その会社がどんな展望を持っていて、今後どうなるかまではなかなか踏み込めない部分でした」
 当時のことを新美はそう振り返る。できればもっと深い部分で企業と繋がり、役に立ちたい思いがあった。また毎月高いノルマが設定され、数字を追いかけることが仕事の中心になりつつあり、「この仕事は自分のしたいことではないかも……」という思いは年々強くなっていった。本当は何をしたいのか、まだ見えてなかったが、自分を見つめなおすために新美は退社した。入社して7年目のことだった。
「一回、整理しようと思ったんです。今は世の中にどういう会社があって、自分はどういう方向性に進みたいのか、じっくり向き合いたいと思ったんです」
 考えた結果、新美が選んだのが人材ビジネスだった。仕事は生涯続けて行きたい、という思いを持ち続けている彼女が、その仕事選びで「自分は何がしたいんだろう?」と悩んだ経験を、仕事にしようと思ったのだ。営業としてパソナに入社し、企業担当をするようになった。当時、パソナは派遣部門のみしかなかったが、新美が入社して5年後に人材紹介部門を作ることになった。それを知った新美は、迷うことなく立ち上げメンバーに立候補した。
「派遣社員は期間が決まっていますが、正社員は無期限です。仕事選びに悩んだ自分の経験も踏まえて、求職者がこれまで何をしてきたか、これからどうしていきたいか、を支援したいと思い、人材紹介に関わることになったんです」
 立ち上げメンバーはたった5人。企業側も求職者側も両方の営業を担当した。転職は、その人の今後の人生を左右する大きなイベントでもある。大きなプレッシャーと責任を背負いながら、新美が軸にしていたのは一つ。求職者が今後20〜30年をどうしていきたいのか、きちんと踏み込んで聞くことだった。

人材ビジネス会社の発展には強みの業界や分野が必要

 人材紹介部門で働きだして数年が過ぎた頃、転機がやって来た。当時、新美が担当していた大手自動車メーカーグループの部長から、「ドイツの自動車内装部品のサプライヤーが、プレゼンのために来日する。歓迎パーティもするので、君も参加しないか」と誘われた。大学時代、新美がドイツ留学経験があることから招待されたのだった。個人的興味で参加したパーティの席で、サプライヤーの役員は、日本にも法人を立ち上げる計画があるが、営業が足りないという話を新美にした。初めは自分がその立ち上げに参加することなど考えていなかったが、後日その会社から熱烈な誘いを受けて、営業担当として転職した。2006年のことだった。
 転職先の日本法人は順調にビジネス展開をしていたが、なかなか実績を出せないまま、業績が悪化し、その後日本から撤退。そのときに、人材紹介会社の方から「メイテックネクスト」の紹介を受け、同社に入社した。メイテックネクストの立ち上げから2年が経った頃で、立ち上げに近いメンバーとして将来を期待された。最初の1年は、名古屋支社立ち上げのため名古屋に配属され、その後東京本社で勤務。当初はメカもエレクトロニクスも化学もIT系も建設系も、あらゆる分野の業種を扱っていた。エントリーがあった方には全てお会いして、見合う求人を片っ端から開拓してマッチングしていたという。
「立ち上げたばかりのときは、認知度のある紹介会社にしたいと思って頑張ってきました。ただ強みの分野や業界がないと、人数を増やすことはできても、維持して発展させていくのは難しいでしょう」
 そしてメイテックネクストは、エンジニアに特化した紹介会社としてのブランディングを確立。また全社を上げエンジニアからの支持NO1を目指し邁進する中、新美は現在、メカトロ分野の人材部門を担当している。

すべき指標をやりきることで結果は生まれる

 3ヶ月のクォーターごとに、コンサルタント一人ひとりのキャリアや経験値を踏まえて目標成約人数を決め、達成を目指していく。それがメイテックネクストの方針だ。新美の場合、クォーターの目標は10〜15人。東京に赴任してきた2009年の4月以来、新美は全クォーターで目標を達成し続けている。新美のスタイルは、最終的な数字をあまり意識しないことだという。
「現在の面談ペースや求人数を踏まえて、この求職者がこのくらい応募すればこれくらい内定をもらえるだろう、と経験値で分かっていますので、そこから予測を立てることはしています。ただそれよりも、面談をした方とできるだけたくさんお会いして、その方がどういう方なのかを理解することにフォーカスしていますね」
 日中は企業担当との求人情報のすり合せや、人材開拓を行っている企画担当との人材情報の共有などを行い、夜の時間に求職者との面談をこなす。面談が多いのは週末で、土日に平均3〜4名、多ければ5〜6名と会っているそう。KPIは会社が設定したものではなく、自分自身で設定した数字を逆算している。例えば新美が担当するメカトロ分野の場合、月に10名成約させるには、週に5〜6人の面談ペースが必要だと、経験値で把握しているのだ。
「成約はあくまでプロセスの結果。KPIという絶対にやらないといけない指標に対して、確実にやりきることは徹底しています。遠大な目標を立てるとプレッシャーになりますし、今やるべきことを短いスパンで一生懸命やっていますね。私の強みは確実性で、やると決めたら必ず最後までやり切っているので、それが結果に繋がっているのだと思います」
 求職者への求人情報の案内は、何件も送る場合もあれば、一件ずつ送る場合もある。汎用的なメカトロのエンジニア経験がある方なら、当然案件の幅は広がるので、その辺りは分野や求職者の経験によって使い分けているという。
 今でこそトップコンサルタントとして活躍中の新美だが、たくさんの失敗もあると明かす。文系出身の新美は、エンジニアの専門用語や、業務で使うソフトやツールの名前が分からず、つい知ったかぶりをしたことも。後になってから、求職者に「違いますよ」と指摘を受けたことがあった。またせっかちな性格のため、面談中に求職者の話を聞きながら、つい口を挟みたくなってしまうそう。意識的にこらえながら、話を聞くことに集中することで、適切なマッチングに繋げているという。
2次へ
新美優子

新美優子(にいみ・ゆうこ)

1970年3月18日生。長野県出身。三重大学人文学部卒業後、 明治安田生命保険に入社し法人営業を担当。その後、(株)パソナに入社、人材派遣、人材紹介業務担当。その後、ドイツ系自動車内装部品メーカーに営業職として勤務。2008年より現職。趣味は、洋画、洋楽、旅行、スポーツ、特技は英語・ドイツ語。

[Corporate profile]

株式会社メイテックネクスト

東証一部上場企業・株式会社メイテックのグループ会社として2006年7月3日に設立。大手メーカーからニッチトップ製品を作り出す中小メーカーまで、圧倒的な件数のエンジニア求人を所有している業界の最大手。エンジニア専門特化の強みを生かし、「失敗しない転職」のサポートを行っている。