Jonathan Guilfoile

Interviewer Back number photographs=Kenji Sakurai Interviewer=Tomomi Watanabe text=Kazuyuki Koenuma
HOME INTERVIEW > Interview File30
インタビューのテーマ | , ,
ノンストップで働き続けた 2年間を経て 本当にハッピーな コンサルタント像を見つけた男 Jonathan  Guilfoile
※会社名、所属部署名、役職はインタビュー当時のものです。
日本では知らぬ人がいない人材ビジネス最大手・リクルートのブランドが通用しない未開の地で、腕一本で実績を積み上げてきたコンサルタントがいる。「数字を上げること」と「コンサルタントの人間力」にとことんこだわり、極限まで自分を追い込むことで、RGF(Recruit Global Family)の地位をシンガポールに定着させた。会社のさらなる展望、そしてコンサルタントとしての理想像の実現に向けて、彼は今何を想っているのだろう?

誰よりもたくさん働いてトップになった

 誰がナンバーワンか調べて、その人に勝つだけ。どうすればトップコンサルタントになれるかはごく単純です。そうジョナサンは言い切った。CDS(日本における外資系企業を中心としたエグゼクティブ・サーチ会社、2008年リクルートグループとなる)で5年間コンサルタントとして活躍。CDSで働いてきた5年間の中で、個人の売上は常にトップクラスで、かつ最後の2年間は最大のチームのマネジメントを任されていた。2012年から活躍の場を同じリクルートがアジアで展開するRGFシンガポールへ。消費財やデジタル分野のチームをメインに、約30名のコンサルタントをマネジメントしつつ、現役のトップコンサルタントとしても活躍している。
「CDS時代も含めて、コンサルタントとしての7年間、一度も目標を達成しなかったことはありません。ナンバーワンの成績を上げることを目指して常に突っ走っていますね」
 シンガポールに来たばかりの頃は、クライアントも候補者もゼロという環境。そこからいかにして目標を達成し、トップの成績を上げるか。それについても単純なことです、とジョナサンは話す。
「誰よりも多くの候補者に会って、誰よりもたくさん働いてきただけです。朝6時に出社して帰宅は夜中、という働き方を2年間続けてきました。もちろん週末も出社していましたし、完全にプライオリティは仕事でした」
 家族と話し合い理解してもらった上で、自分をとことん追い込む。その結果、日本でもシンガポールでもトップの成績を出し続けられているのだ。どこに行ってもナンバーワンでいたい、という気持ちやプライドが大事。数字に対しての思いは誰よりも強いです、とジョナサンは目をぎらつかせる。その一つとして、仮に年間目標が5000万円だったら1億円という風に、目標数字は必ず2倍に設定する。そうしなければ必ず達成しないからです、とジョナサン。もちろんマネージャーとしても、メンバーの個人目標を常に高く設定し、達成に向けて鼓舞し続けているのだ。

憧れのブランドの靴とジーンズに込めた思い

 ジョナサンはベネズエラで生まれ、幼少期をオーストラリアで過ごした。その後日本に移り、小学校〜高校まで過ごした後、アメリカの大学へ入学。卒業後にニューヨークの広告代理店に入社した。2007年に東京に戻ってからは、広告業界の経験を生かしたマーケティング職に就きたいと、数人のヘッドハンターに会った。そのときに最も入社を切望していたのは、某大手グローバルスポーツブランドだった。結局、内定は実現しなかったが、同社のサッカー部門のマネージャーにならないか、と誘われた。悩んだが、ジョナサンがそれまでしてきたスポーツは野球とバスケットボールで、サッカーのことはあまり分からない。スポーツに嘘は付けない、という思いから断腸の思いで辞退し、どうしようか悩んでいたところ、ヘッドハンターから「うちの会社に来てヘッドハンターにならないか?」と誘われた。それがCDSだった。
「お金を儲けたいのなら金融マンかヘッドハンターになるといい。しかもヘッドハンターなら、様々な業界・企業の人と会うことができ、ヒューマンスキルを生かして働ける、と誘われたんです。何社かと面接をする中で、その言葉がずっと心に残っていましたし、そのときのヘッドハンターのカリスマ性が大きくて、この人たちと一緒に働いてみたい、という思いがありました」
 そしてCDSに入社した。配属は消費財チーム。その中から分野を選ぶことができ、広告とPRとスポーツを選択。最初のクライアントは例のスポーツブランドという不思議な巡り合わせで、コンサルタント人生の第一歩を踏み出した。実際にこの案件は、これまで担当した中で最も印象に残っているという。
「私の面接をしてくれた、当時の人事責任者が最初のクライアントでした。彼は大手のヘッドハンティング会社に、3つのシニアポジションを依頼していたのですが、どうしても見つからない。君なら良い人材を見つけてくれるだろうから、ぜひ会いたいと言って下さったんです」
 エグゼクティブサーチはカルチャーフィットが大事、とジョナサン。かつてそのブランドと面接を重ねてきた中で、「どういう人がこのブランドに相応しいか」「どういうコミュニケーションスタイルが求められるか」を把握している自信があった。そして、初めての案件は最高の結果に終わった。ジョナサンは依頼された3つのポジションを、わずか1〜2ヶ月で全てクローズさせたのだ。
「あの瞬間、あのサーチプロセス、あのプロジェクトを一生忘れないです。実は当時私はクライアント先にそのブランドの靴とジーンズを履いて行った唯一のコンサルタントだったんですよ。それだけ同社のビジネスとブランドを愛していたし、全ての部署を助けたかったんです」
 以降はそのブランドと姉妹ブランドの案件を任されるようになり、1年間で多くの成約ができた。年収500万円〜3000万円のゾーンまで、幅広くカバーアップした。「それがコンサルタントとしての原点ですね」とジョナサンは懐かしげに微笑んだ。
2次へ
Jonathan Guilfoile

Jonathan Guilfoile

1979年、ベネズエラのカルカス生まれ。タフツ大学にて経営学を専攻。2002年に電通アメリカ、CDSにてコンサルタント、消費財チームのディレクターを経て2012年リクルートグループのRGF HR Agent Singapore入社。2013年より現職のシニア・ディレクターに就任。現在は、消費財、IT、デジタルメディア、ヘルスケア&ライフサイエンス、石油・ガス・エネルギー資源・化学、プロフェッショナルサービス業界向けにサービスを提供しているエクゼクティブサーチ事業の責任者を務める。趣味はゴルフ、バスケットボールと週末に家族とビーチやプールに行く事。日英を母国語レベルで話す。

[Corporate profile]

RGF Executive Search

日本最大級の人材総合サービス企業であるリクルートホールディングスの海外展開ブランド。アジアでナンバーワンの拠点数と圧倒的な人材データベースで、経営幹部からスタッフ、新卒まで全領域で、現地採用やグローバル人材採用など、グローバル展開を志向される企業の採用活動を支援している。