Sam Haggag

Interviewer Back number photographs=Kenji Sakurai Interviewer=Tomomi Watanabe text=Kazuyuki Koenuma
HOME INTERVIEW > Interview File35
履歴書や職務経歴書では測れない価値に気付き、企業文化にマッチする人材を見極める。
※会社名、所属部署名、役職はインタビュー当時のものです。
「私はとても幸運でした」穏やかな笑みを浮かべ、サムはコンサルタントとしての半生を振り返った。自分が成功できたのは、素晴らしい上司や仲間に恵まれたからです、と謙虚に話す一方、その目には自信が宿り、佇まいからはトップコンサルタントの風格がにじみ出ている。イギリス出身の彼が人材ビジネスと出会ってトップコンサルタントに上りつめ、マレーシア拠点の責任者になるまでのストーリーと、今後のビジョンについて語った。

コンサルタント1年目にして年間リクルーター賞を獲得

 大学時代、化学工学を専攻していたサムは、卒業後に建設会社の土木部門に就職し、4年間道路建設、工場関係のプロジェクトリーダーを担当した。その後、イギリスに拠点を構え、国内トップ3に入る建設業界に特化した人材会社に転職。サムのコンサルタントとしてのキャリアは、ここからスタートした。上司から教えられたのは、「クライアント・キャンディデートの両方と、人脈を構築しなさい」ということ。その言葉通り、信頼関係を構築するために多くの時間を費やし、クライアントがどのような問題を抱えているのか、何を望んでいるのかを理解することに努め、最適だと思う人材を紹介していった。元々競争心が強く、好奇心も旺盛なサムはたちまち成果を出し、1年目にして年間リクルーター賞を受賞した。
 4年ほど経った後、ヘッドハンティングによって、石油・ガス・エネルギー関連に特化した人材会社に転職した。石油・ガス業種を中心に担当し、プロジェクトマネージャー、化学エンジニア、プロセスエンジニアなど、上層部の紹介に従事。同社が検査・検証の大手企業に買収された後は、石油・ガス、石油化学に関連した化学エンジニアを専門とする新部署を開設するため、1991年に中東へ。その後もイギリス、タイと世界を駆けまわって活躍した。
 マンパワーグループと出会ったのは1998年の終わり頃だった。シンガポールにIT部門の設立をするための人材を探していた同社からアプローチを受け、1999年1月に転職。シンガポールでITデリバリーとケイパビリティを確立し、わずか6ヶ月足らずでエリアマネージャーを任されることになった。現在はマレーシアの経営責任者であり、マンパワーグループのアジア太平洋及び中東地域のソリューションビジネスの責任者であり、インドネシアでの新規事業設立の責任者でもある。

条件面に合う人材が100人いても、社風に合うのは10人程

 コンサルタントが成功するために重要なことは何か。そのストレートな問いに対し、サムは「例えば…」と口を開く。「スキルや経験など、クライアントが求める条件に合うキャンディデートが100人いたとします。しかし、社風や文化にもマッチする人材となると10人程度。そこを見極められるか否かが、成功するための秘訣なのです」
 特定の部署のことを知るには、そこのリーダーを知ることが一番の近道。どのような性格で、スタッフに何を求めているのかを知ることが、成約を目指す上で大事になってくるという。それを象徴するようなエピソードがある。サムがエネルギー関連の人材会社にいた頃の話だ。クライアントはイギリスの石油化学業界の大手企業で、募集職種はプロセスエンジニア。スキルなど厳しい基準を設けていたため、見つけるのが非常に困難だったが、相応しいと思えるイスラエル人の男性求職者と出会うことができた。
「彼は非常に根気強く、定期的に連絡をしてきて、私に熱意を伝えました。やり取りしているうちに、彼の性格や彼が成し遂げたいことが、クライアントや配属先のリーダーとマッチしていると確信したのです」
 しかし、困難は幾つもあった。まず、キャンディデートが外国人のため、ビザを取得することが非常に難しかった。また、クライアントは化学・石油化学の経歴を希望していたが、彼の経歴は石油関係だった。しかしサムは、ぜひインタビューをするようクライアントを説得した。
「クライアントが求人票に記載し求めていたスキル・経験と、彼の履歴書だけを見比べると、90%すらマッチしていませんでした。しかし私は、彼には履歴書や職務経歴書では測れない価値があることを確信していました。彼を採用することが正しい選択だということを理解してもらうために、一生懸命クライアントを説得したのです」
 結局、半年以上に渡る長期案件となったが、見事に成約に至ったという。その求職者とは今でも連絡を取り合う仲なんです、とサムは感慨深げに振り返った。
2次へ

Sam Haggag

1962年イギリス ソールズベリー生まれ。ウェールズ大学科学工学科卒業後、建設会社のBRUF CONTRACT HOLDINGSに入社。1987年より人材ビジネス業に従事。HESTAIRE MANAGEMENT SERVICES、SOCITE GENERALE DE SURVEILLANCEで石油・ガス石油化学業界への人材紹介、派遣事業を経験。1999年よりManpowerGroupに参加。シンガポールのエリアマネージャーを経て、現在はマレーシアの経営責任者。MapowerGroupのアジア太平洋及び中東地域のソリューションビジネス責任者を務める。 趣味は学生時代から続けるラグビー、ジム、フェンシングで汗を流すこと。読書。

[Corporate profile]

ManpowerGroup

世界80カ国・3100の地域にネットワークを持つ、世界最大規模の総合人材サービス企業。国際的なキャリアを積みたい方を支援する海外転職サービス「Borderless Talent Solutions」をはじめ、日系企業が多くの拠点を構えるアジアパシフィック地域を中心にサービス展開している。