人材紹介,人材派遣,再就職支援など人材ビジネスのためのアプリケーションプラットフォームを提供するポーターズ株式会社

PORTERSのサービスやイベント、お客様活用事例、社員の紹介などの最新情報をお届けします。

 人材ビジネスの業務最適化をクラウドサービスでサポートするポーターズ株式会社(本社:東京都港区、代表:西森 康二)は、人材ビジネス企業の国内導入実績1,500社の『PORTERS HRビジネスクラウド(以下HRBC)』とIndeedとの自動連携によるIndeed有料広告運用サービスを2018年9月に開始しましたが、この度、同サービスにおいて「Google しごと検索(Google for Jobs)」への対応を2019年2月に完了します。

 今回、HRBCに格納された求人情報をもとに自動生成される求人Webページが「Google しごと検索(Google for Jobs)」に対応します。HRBCは、既にフィード連携によるIndeedへの最適化連携を実現しており、求職者のエントリーもHRBCに自動で取り込まれるため、すでにご利用のお客様からは高い評価を頂いております。
今回の対応により、お客様の求人ページの速やかな「Google しごと検索(Google for Jobs)」への対応と、Indeed掲載の手間を削減し、Indeedにおいては有償広告の運用も一気通貫で代行いたします。

【ポーターズ集客ソリューション】

topimage

【ポーターズ集客ソリューションにより提供される機能】

  • ■HRBCの求人データをもとにIndeedに最適な求人ページを自動生成
    HRBCの中で求人データを管理するだけで、求人データが毎日自動的にエクスポートされ、Indeedに最適な形に成形しリッチな求人ページを生成します。同一求人の勤務地などによる求人ページの分割も自動で行います。また、応募フォームも同時に生成され、求職者が応募しやすいWEBページを提供します。設定により必要な求人だけを表示されることも可能です。

  • ■Indeedの有償広告を運用
    生成された求人ページでIndeedの広告運用を代行いたします。求人ページの情報はフィードでIndeedに転送、有償広告を掲載し、細かなクリック単価や、キーワードの調整などエントリー最適化をサポートいたします。

  • ■「Google しごと検索(Google for Jobs)」への対応
    求人ページはIndeedだけでなく、「Google しごと検索(Google for Jobs)」にも対応したことで、データが自動的にクローリングされ、「Google しごと検索(Google for Jobs)」の検索結果に反映させることができます。

PORTERS HRビジネスクラウドについて
 HRビジネスクラウドは、人材ビジネスに携わる国内外1,500社以上の企業に導入されている、国内シェアNo.1のHRビジネスクラウド管理システムです。 マッチングビジネスの根幹となる、求職者の履歴書管理や選考プロセス管理、求人媒体との連携など、人材紹介や人材派遣、再就職支援事業などあらゆる人材ビジネスに関わる企業の事業活動を、クラウドサービスで支援いたします。 少人数から大規模企業まで、安全かつ低コストですぐに導入することが可能で、事業規模に応じて独自カスタマイズも可能な統合型人材マッチングシステムです。人材紹介業向けの「HRBCエージェント」と、人材派遣業向けの「HRBCスタッフィング」の2種類をご用意しています。

【本件に関するお問合せ】
ポーターズ株式会社 Marketing Gr. 楠原
TEL:03-6432-9829/MAIL:sales@porters.jp

【会社概要】
会社名 : ポーターズ株式会社
所在地 : 東京都港区赤坂8-5-34 TODA BUILDING青山3F
設立  : 2001年8月29日
代表者 : 代表取締役 西森康二
事業内容 : 人材ビジネス向けクラウド型統合管理システム「PORTERS HR-ビジネスクラウド」「PORTERS プロ・エージェント」の提供
人材紹介業界誌「ポーターズマガジン」の制作・発行

人材ビジネス支援マガジン「PORTERS MAGAZINE Web」

2009年に業界初の専門誌として創刊した『ポーターズマガジン』は、創刊から9年の間、時代の様々なテーマに沿って特集を組み、人材紹介や人材派遣事業を行う企業担当者様など、「働くこと」を取り巻く多くの方のお役に立つコンテンツをお届けしてまいりました。中でも「トップコンサルタントの舞台裏」は、読者の皆様から反響の高いコンテンツとして定着し、現在では3,500名を超える読者の方に定期購読いただいております。そして創刊から10年目を迎える本年、更に多くの読者の方に情報をお届けするべく、WEBマガジンとしてリニューアルいたしました。これまで以上に役に立つ記事を皆様にお届けしてまいります。(編集長 渡邊智美より)